-海馬と愛馬のラン日誌- 一口馬主の近況やマラソン大会の参加レポなど海馬厩舎の日々の活動をつづる。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海馬25戦目「富士山麓トレイルラン ロング(18km)」結果

【名称】第6回 富士山麓トレイルラン
【日時】10/6(土)10時30分~
【場所】山梨県河口湖町
【種目】ロング(18km)
【資格】16歳以上
【人数】808名(全種目合計)
【走料】4500円

【天候】晴
【気温】20℃(10時)

【コース】富士山と青木ヶ原樹海、富士五湖を望むトレイル。
fuji36_121006-00.jpg

【回顧】
例によって(?)、会場の河口湖小海公園に2時間以上早く到着~^^;
スタートは会場から15分くらい登った羽根子山山頂。
走った後にこれを降りるのがきつかった~
fuji36_121006-03.jpg fuji36_121006-04.jpg
スタートは11ブロックに分かれていて、2分ごとにスタートするウェーブスタート。そのおかげで終始混雑することなく走れました。
スタートして500mくらい下ってから、上りに入ります。約3.5kmまでひたすら上りですが、キタタンを経験してれば大したことありません^^;そして3.5kmの『五湖台』から一気に下ります。
下りは苦手で(というかチキンハート^^;)、後傾する癖があるのですが、今回は攻めました。少し急な下りもありましたが、前傾姿勢だと安定して走れたので、少し下りのコツをつかめたかもしれません。
fuji36_121006-07.jpg fuji36_121006-08.jpg
その後はまさに快走で、気持ち良く山中を進みます。途中(8km~9kmあたり)、青木ヶ原樹海を疾走しましたが、そのまま失踪しても良かったですね(笑)
10kmから上りになります。約1kmで300m上るので、結構きつかったです。このコースで最大の難所でしょうね。
残り5kmの最終給水所『三湖台』からの景色は良かったですね。右手に樹海と本栖湖、左手に西湖。富士山はちょっと雲がかかってたのが残念でした。
fuji36_121006-09.jpg fuji36_121006-10.jpg
ラスト5kmは往路とほぼ同じコースを戻ります。ここでちょっとアクシデント。右親指爪を痛めました。キタタンでも練習で陣馬山に行ったときも、同じところをやってるので、シューズが合ってないのか、フォームが悪いのか今回唯一(?)の反省点でした。その後は、失速しましたが、
最後まで楽しく走ることができました^^

【結果&参加賞】
タイムは気にしない(笑)
参加賞はマグカップ。ゴール後にミネストローネとパンのサービス^^
fuji36_121006-11.jpg fuji36_121006-12.jpg

【感想】
トレラン大会2戦目でしたが、ロードと違う雰囲気をまた味わうことができました。ラスト5kmからは1時間遅れでスタートする『ショートの部』のランナーとすれ違いますが、ここでお互いにエール交換するのは良い光景でした。キタタンもでしたが、レース中やゴールでお互いの健闘を称えあうのはトレランの醍醐味の1つではないかと感じました。

大会運営は『福田六花さん』というこの世界ではかなり有名な方がこの大会を企画していることもあって、とてもしっかりしていて良かったです。ご本人のバンド演奏などもあって、とてもユニークな大会でした。
景色が良く、自然の中を走れる走り応えのあるコースでしたので、来年も参加したいですね^^
スポンサーサイト

海馬24戦目「北丹沢12時間山岳耐久レース(44.24km)」回顧④

コース詳細はこちら
[ゴールへ]
残り9kmがある意味一番きつかったです。経験の差を見せつけられました。
疲れもありますが、下りのテクニックがないのでスピードが圧倒的に違いました。気持ち良いくらい抜かれていきました^^;僕は自分のペースを守って走り続けますが、元々下りでは足に負担がかかりやすいフォームをしているので、残り3kmでほぼ止まりました。その前にガーミンも止まりました(笑)

【結果】
10時間13分でフィニッシュ。予定より+23分でした。
kitatan11_120708.jpg
(※ランネットからいただきました。)
顔を上げてないのが痛恨ですが、表情がすべてを物語っているようにも見えます。これはこれで良い写真かもしれませんね。

【参加賞】
kitatan12_120708.jpg
ゴール後にうどんもいただきましたが、すでに腹の中。それとまたきゅうりも^^;

【感想】
来シーズンのロードに向けて体力アップのために始めたトレランでしたが、知人に進められて大会に参加しました。初戦でキタタンはかなり無謀(参加した方からも驚かれました)でしたが、無事に完走できたことは大きな自信になました。ただ、今回は気温が低かったことが最大の勝因なので、運も良かったと思います。(運も実力と言いますから、素直に喜んで良いでしょうか^^)
記録についてはほとんど気にしていませんが、トレイルのテクニックが身につけば、2~3時間は詰められると自信はあります。それだけ、走る技術のなさを感じました。また来年もチャレンジするかは分かりませんが、トレランは続けていきますのでいずれリベンジしますよ!

海馬24戦目「北丹沢12時間山岳耐久レース(44.24km)」回顧③

コース詳細はこちら
[神ノ川ヒュッテ~犬越路]
ここまで20km近く走って登ってきたので、流石に疲れが出てきました。これまでより途中で止まることが多くなりました。ただ、この区間は余裕のある時間設定をしていたので、-20分と大きな貯金を作ってロード&砂利道コースへ進みます。この貯金でだいぶ気持ちが楽になりました。

[神ノ川園地へ]
kitatan20120709.jpg
(運営のサービスでいただきました。写真をスキャンしたので高画質です^^;)
ここも走りやすい部類に入るコースなので貯金を作る予定でしたが、思うようにペースが上がりません。予定では6~7分/kmでしたが、7~8分/kmで進みます。ここは我慢の走りでした。

[第3給水PT&第2CP 神ノ川園地]
kitatan07_120708.jpg
ここは先に給水PTがあって、その先にCPがあります。
給水PTでまたきゅうりを食べて、10分ほど休憩してから、第2CPを通過!!5時間43分で予定より-7分でした。

[姫次へ]
制限時間の6時間を切れてホットした束の間、ここから大会最大の難関『姫次』へ向かいます。30kmは志って登ってきて、いきなりひどい登りでした^^;写真を撮らなかったのが悔やまれます。
ここからはひたすら我慢、登って休んで登って休んで。中間の風巻ノ頭ではほぼ予定通りで貯金はすべて使い切りました。そして、その先でまだ渋滞・・・
この渋滞でだいぶ体力は回復できましたが、その分だいぶ時間もロスしました。
さらにひたすら登って、途中視界が開けて上を見たら、こんなだった^^;
kitatan08_120708.jpg
(※これを直接登るわけではありません。山道(林道)を登ります。)
そして、ヘロヘロになりながら大会最高地点の姫次に到着。
kitatan09_120708.jpg
何も見えません(笑)
ここで神奈川大学?の方々から給水をいただきました。ここまで運んでくるとは凄いです。感謝ですね

[ゴールへ]
予定より+10分。残り9kmは下り。

④へ続く。

海馬24戦目「北丹沢12時間山岳耐久レース(44.24km)」回顧②

コース詳細はこちら
[スタート(ロード1.5km)]
6時からの開会式が終わって、まず6時半に完走経験者およびフル持ちタイム上位者の第1陣(白ゼッケン)がスタート。僕は未完走者およびフル持ちタイムしょぼい組の第2陣(ピンクゼッケン)で7時スタート。
まずは1.5km先の最初の山を目指してスタートですが、山の入り口から渋滞になるのでみんなロケットスタートです^^;
でも、ずっと上りなので最初からキツイです。僕はペースを上げつつも、マイペースで進みます。

[平丸~青根中(山登り~下り)]
kitatan04_120708.jpg
(※試走時の写真。この先から山に入ります)
まずは名前もない序の口の上りから。渋滞のためペースは上がりませんが、逆に体力が温存できて途中でへばることなく上れました。下りは思ってたより流れてマイペースで走れました。
ロードに出て、青根中付近では予定より+3分で通過しました。

[立石建設(ロード約7km)]
ここで走らないと僕の走るところはないので、ペースを上げます。予定では6~7分/kmでしたが、5~6分/kmペースで進みます。第1給水PTの立石建設では予定より-5分と良いペースで通過します。

[鐘撞山~県境尾根分岐(最初の難関)]
ここからがキタタン本番。約800m登ります。
ペースは緩かったですが鐘撞山で予定より-10分とさらに貯金を増やします。ところが、その先で大渋滞が発生。例年渋滞が発生するポイントらしいですが、帰省ラッシュみたいトロトロしか進まずかなりのロス。分岐では-5分と貯金を少し使います。

[神ノ川ヒュッテへ]
kitatan05_120708.jpg
(※試走時の写真。)
ポイントとしていた下りになりますが、前日までの雨で下がゆるゆる状態。粘土質っぽかった?ので「ぐちゃぐちゃ」というより「どろどろ」な感じで、かなり走りにくかったです。これを豪快に走り降りて行く人もいましたが、僕は滑り落ちるように下って行きます^^;滑りも考えて走らなければ行けなかったので、なかなかテクニカルで面白かったです。
下りではガンガン抜かれて行きますが、自分のペースを守って走りました。第1CPの神ノ川ヒュッテは3時間49分と何とか予定より-1分の貯金で通過します。

[第1CP&第2給水PT 神ノ川ヒュッテ]
水をかぶって、バナナときゅうりを食べて小休憩。予定よりは速いものの、この先が不安だったので15分の休憩を
5分切り上げで先に進みます。

③へ続く。

海馬24戦目「北丹沢12時間山岳耐久レース(44.24km)」回顧①

トレラン大会デビュー戦

【名称】第14回北丹沢12時間山岳耐久レース
【日時】7/8(日)7時00分~
【場所】神奈川県相模原市
【種目】44.24km
【資格】16歳以上
【人数】1763名
【走料】8000円

【天候】曇時々雨
【気温】25℃以下
【風向】-

【コース】青根緑の休暇村をスタート・ゴールに12時間内に北丹沢山域3つの峠越えの44,24kmを走り抜く山岳レース。
kitatan01_120708.jpg

kitatan02_120708.jpg
※途中でガーミンの電池が切れて、最後の5km、40分くらいは計測できてません。それから、ガーミンは垂直距離の精度が悪いので、距離は参考です。
コース詳細はこちら

【回顧】
kitatan03_120708.jpg
[スタート前]
現地には3時半前に到着。早く着きすぎて、初めは遠くの駐車場に案内されましたが、キャンプ場近く(会場まで歩いて5分くらい)の駐車場にとめることができました。

②に続く。
Trainer

海馬

名前:海馬
愛馬ともに走る男
フルマラソン サブ3を目指す
-----------------------
性別:牡 血液型:O型
生年月日:19XX年3月15日
現住所:神奈川県伊勢原市
-----------------------
※東京サラブレッドクラブ様、キャロットクラブ様より許可をいただき、公式HP上の写真やコメントを使用しています。

マラソン大会
【全戦績】40戦
【クラス】1600万下 [※詳細]
【自己ベスト】
[フ ル] 3時間33分51秒
[ハーフ] 1時間39分49秒
[10km] 42分38秒
※タイムはネットタイム(自測)
【大会レビュー】
※2010年からレビューあり
カテゴリ
リンク
海馬厩舎
【全戦績】241戦21勝
[21-27-13-170]
レッドルグラン(牡5)
【厩 舎】 [栗東]大久保龍志
【戦 績】 13戦3勝(3.2.1.7)
【クラス】 1000万下
【近 況】 吉澤ステーブルWEST
レッドバルトーク(牡4)
【厩 舎】 [美浦]大竹正博
【戦 績】 6戦0勝(0.0.0.6)
【クラス】 未勝利
【近 況】 松風馬事センター
レッドラフィーネ(牝3)
【厩 舎】 [栗東]高野友和
【戦 績】 0戦0勝(0.0.0.0)
【クラス】 新馬
【近 況】 3/4小倉4R
レッドコルディス(牝3)
【厩 舎】 [栗東]高橋義忠
【戦 績】 1戦1勝(1.0.0.0)
【クラス】 500万下
【近 況】 宇治田原優駿S
ジェードグリーン(牡3)
【厩 舎】 [美浦]栗田徹
【戦 績】 3戦1勝(1.1.1.0)
【クラス】 500万下
【近 況】 ノーザンファーム天栄
ダージリンクーラー(牡2)
【厩 舎】 [栗東]石坂正
【戦 績】 0戦0勝(0.0.0.0)
【クラス】 育成馬
【近 況】 ノーザンファーム空港
テトラクォーク(牝2)
【厩 舎】 [美浦]黒岩陽一
【戦 績】 0戦0勝(0.0.0.0)
【クラス】 育成馬
【近 況】 ノーザンファーム空港
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。